入れ歯専門歯科は、さいたま市「くろさき歯科」があります

  • 入れ歯専門歯科は、さいたま市「くろさき歯科」があります

入れ歯の必要性

入れ歯の必要性くろさき歯科は入れ歯専門の技工士、噛み合わせ専門の技工士、補綴の専門医のエキスパートで構成されたチームで入れ歯作りに取り組んでいます。誰でも最初、入れ歯を入れるのは嫌なものです。しかし、自分の歯が虫歯や歯周病で歯としての役割を果たせなくなってしまった場合には、他の歯や身体の他の部分に影響が出ないように、抜かなければならなくなってしまいます。抜歯をした部分をそのまま放っておくと様々な弊害が生じるため、入れ歯を入れる必要が生じるのです。

歯を抜いた部分をそのままにしておくと、何が起こるのでしょうか。まず、食事を十分に噛むことができなくなってしまうので、消化が悪くなり、胃腸の調子に問題が出てしまいます。残っている歯についても、抜けたあとの隙間になっている部分に動いていってしまうので、歯と歯の隙間が全体的に広くなってしまい、食べ物が詰まりやすくなり虫歯も増えていってしまうでしょう。そうして食べかすが取りきれないままになってしまうと、口腔環境は悪くなるので、歯周病や口臭などの問題も生じます。噛み合わせも悪くなるので、あごの関節や、身体の歪みにもつながってきてしまうのです。身体の歪みは頭痛や腰痛、場合によっては内臓関係にも悪影響を与えかねないような大きな問題につながってしまうこともあります。

歯と歯の間の隙間が広くなってしまうと、きちんと言葉の発音ができなくなってしまうので、コミュニケーションにおいて問題が生じてしまうこともあります。以上のような弊害が起こり得るため、入れ歯は一部の歯の抜けた隙間を埋める目的の部分的なものであっても、身体全体の健康にかかわる非常に必要性が高いものだと言えるのです。

入れ歯の必要性一方で、このように入れ歯は健康に大きく関わるものなので、ただ隙間を埋めておけば良いという、いい加減な気持ちで作ったものではいけません。もともとあった歯の代わりを十分に果たしてくれるような、自分の身体にあったものが求められます。そのためには事前の十分な診断と、調整しながらの製作、実際に使ってみながらの調整、合った入れ歯が出来上がった後も、定期的なチェックとメンテナンスが必要になります。きちんと身体に合わせて作られ、十分に手入れのされている入れ歯は、口腔内だけの健康ではなく、身体全体の健康に貢献するでしょう。抜けてしまった歯を仕方がないと放っておかないで、自分の身体に合ったきちんとした入れ歯を作ることは非常に重要なのです。

入れ歯を使うことをお勧めする理由

入れ歯を使うことをお勧めする理由どうしても入れ歯を使うことに抵抗がある方や、すでに入れ歯をしている方でも出来れば他の方法で対処したいという方もいらっしゃいます。最近ではインプラント治療なども広まっているので、そちらの方が良いのではと考える方も多いでしょう。しかしインプラントは外科手術で、場合によってはより身体に負担のかかる方法となります。もちろんインプラントが適したケースというものもありますが、入れ歯を使うことで解決する問題や、入れ歯の質を向上させたり、より合ったものに調整することによって解決する問題もあるのです。ですからインプラントと入れ歯の両方のメリット・デメリットを把握した上で、どちらにするかを決めるようにしましょう。

くろさき歯科では、入れ歯の専門歯科医院として、入れ歯を使うことをお勧めする理由をお伝えしたいと思います。まず、入れ歯の大きな利点は、どなたでも利用できるという点です。インプラントはあごの骨に人工の歯根を埋め込む必要がありますから、通常は切開による外科手術が必要になります。ですからすべての人が可能な治療ではなく、全身疾患があるなどの事情によっては、利用したくても利用できないというケースが出てしまいます。その点、入れ歯は人工の歯をばねなどで固定する方法なので、基本的にどなたでも利用することのできる方法です。

入れ歯を使うことをお勧めする理由入れ歯は残っている歯が非常に少なくても利用できる、というのもお勧めのポイントです。また、残っている健康な歯を傷つけることがない点も入れ歯のメリットだということができるでしょう。せっかく残っている歯があって、それを生かすことができるのであれば、それに越したことはありません。一般的なイメージとして入れ歯はしっかり固定ができず、がたつきなどが出てしまうと思われていますが、きちんと調整された入れ歯はがたつきなども気にならず、しっかり固定することができます。大事なのは信頼して任せられて、きちんと自分の希望や要望に応えてくれる歯科医院で製作することです。インプラントなどの最近注目されている方法でも入れ歯でも、それぞれにメリット・デメリットがあります。患者さまの状況によって、どの方法が良いかは変わってきますから、十分に情報を得た上で決定をしていただければと存じます。また、入れ歯と一言で言っても、様々な種類があります。どんな治療をするか迷っていらっしゃる方は、ぜひ一度くろさき歯科にご相談ください。

入れ歯を作るまでに必要な治療

入れ歯を作るまでに必要な治療入れ歯の製作は、入れ歯だけを作ればそれで終わりというものではありません。せっかく入れ歯を作っても、口腔内の状態が悪ければさらに問題を引き起こすことになってしまいます。ですから、作る前に必要な治療を終えておくことは重要です。入れ歯は残っている歯や歯茎、頬や唇周りの筋肉、舌などにより支えられるものです。事前にこれらの関係する部分の検査や分析をしっかりすることが、自然に使用することのできる使い心地の良い入れ歯の製作に大きく関わることになります。この事前の検査がしっかりできていないと、使っていて違和感があったり、食べ物が噛みにくいと感じたりする、いまいち身体に合っていないものとなってしまいます。ですから、入れ歯を作る際にはまず診断した上で現在の状況を正確な把握し、治療方針などを決めていきます。ここで不安な点や希望をお聞きしながら、安心して治療を進めていけるようにします。また入れ歯を使用していると、汚れが取りにくい部分などが出てきてしまうこともあります。そのため定期的なメンテナンスが不可欠ですが、入れ歯を作る前に虫歯などの問題はしっかり治しておくことが他の歯を健康に保っていくためには必要です。

入れ歯を作るまでに必要な治療事前に十分お話しし、治療方針にきちんとご納得いただいた上で実際にお試し入れ歯を使っていただきながらご要望を伺っていきます。そして仮の入れ歯を作成し、それを使っていただきながら、本入れ歯の製作のために調整していきます。この仮入れ歯は、スペアとしても使えるのも良い点です。患者さまにご納得いただける状態になったら、今度は本入れ歯を製作することになります。実際に製作の専門家である技工士が直接患者さまのご要望や感想をお聞きしながら調整していきます。直接技工士とお話しすることとで、細かいご要望までお伝えいただけます。本入れ歯は入れ歯ができれば終わりではなく、数か月ごとのメンテナンスをしながら、よりぴったりと合ったものにするように仕上げていくことになります。そのメンテナンスの際には、どんな食べ物を食べることができているかをチェックしながら、患者さまが入れ歯を使用して感じていることだけでなく、実際に食事をする上での状態なども踏まえてチェックをしていくようにしています。また、実際に食べれるようになりたい食品をお持ちいただき、実際に目の前で治療後に食べて治療の結果を実感していただいています。そうすることによって入れ歯はこんなものだろうという諦めでは済ませず、患者さまが実際に使っていて心地の良い、ぴったりと合った入れ歯を作っていくことを目指しています。

入れ歯を作り直すまでの年数

入れ歯を作り直すまでの年数入れ歯は決して安いものではないので、少しでも長い期間使い続けたいというのは自然な願いです。しかし、素材の劣化や衛生面を考え、歯茎などの状態の変化も合わせると、ある程度の年数で作り変えるのがお勧めです。素材によって作り変えの年数は違いがありますが、プラスチックの入れ歯の場合はおよそ3年から5年くらいであれば、問題なく使うことができるでしょう。しかし、プラスチックは素材の特性ゆえ劣化しやすいものですし、樹脂を使っているので水を吸っていってしまいます。口腔内は常に水分があるのが普通なので、時間が経つにつれて、水分を吸って劣化してしまうのです。また、長い期間使っていると、変形や着色も生じてしまい、入れ歯を製作した時のようなフィット感などはなくなってしまうでしょう。気をつけていても、普段のクリーニングでは取りきれない汚れもたまってしまいます。衛生面でも機能面でも一定期間を過ぎたら作り直したり、新しいものに変えることが必要です。

入れ歯を作り直すまでの年数金属製の入れ歯であれば、プラスチック製の入れ歯に比べてもう少し長い期間使い続けることができます。しかし、こちらも5年くらい過ぎたら、作り直しなどを検討し始めるのが良いでしょう。7年ぐらいで作り変えるのが良いと言われています。金属入れ歯の場合、金属部分は丈夫なので劣化しづらいのですが、残念ながらすべてのパーツが金属で出来ているわけではありません。金属性入れ歯であってもプラスチックのパーツがかなりあります。その部分はプラスチック製の入れ歯と同じように劣化してしまいますから、プラスチックパーツだけでも作り変える必要があるのがほとんどです。また、プラスチック製であっても金属製であっても長い期間経つと、入れ歯の土台となる歯茎や、残っている歯の状態が変わってきます。噛み合わせなども変わってきますから、見た目には入れ歯に何の問題もないように思えても、だんだん合わなくなってきてしまうでしょう。そうなると、がたつきが出てきてしまったり、隙間にものが詰まりやすくなってしまったりして、入れ歯ではない歯が虫歯になってしまったり、歯茎に触れて痛みが生じるようになってしまいます。ですから定期的にメンテナンスして、一定の期間が経ったら入れ歯の作り直しを考えるのはとても重要です。合わない入れ歯は着けていて苦痛ですし、食生活に支障が出てきます。食生活の支障は健康に大きな障害となりますから、定期的な見直しでぴったり合った、衛生的にも良い状態の入れ歯を使用していきましょう。

入れ歯の名医(埼玉・補綴歯科)

入れ歯の名医(埼玉・補綴歯科)入れ歯はどこで作るかによって、出来上がるものに非常に大きな違いが出てきます。ですから、どこで作ってもらうかは自分にぴったり合った良い入れ歯を手に入れる上で、とても大事なポイントと言えるでしょう。大正13年開業のくろさき歯科では、入れ歯専門研究所として入れ歯の製作のためにプロフェッショナル達が集まって、協力して患者さまのご要望に応えるられる入れ歯の製作を目指しています。くろさき歯科の院長の黒崎は、埼玉県さいたま市でも4人しかいない補綴(ほてつ)、つまり噛み合わせの専門医で、歯学部での指導や、歯科医向けの講習会の講師も務めている名医です。くろさき歯科では補綴歯科の専門医で入れ歯治療の名医である黒崎院長を筆頭に、歯科技工士や身体のバランスに関する専門家の集まりにより、入れ歯を製作、調整していきます。

くろさき歯科では、噛み合わせというのは身体全体の問題だと考えています。単に口の中だけ見ても、入れ歯に関わる様々な問題が解決するとは限りません。全身のバランスや普段のくせなどから身体全体をチェックしていくことが、患者さま一人ひとりに合った入れ歯を作ることのポイントになりますから、入れ歯を作る際にも身体全体を診ることが重要になるとくろさき歯科では考えています。背骨の状態や姿勢、顔などを確認しながら、口腔内だけでなく、身体全体に合った入れ歯を作ることを目指していきます。

入れ歯の名医(埼玉・補綴歯科)自分に合わない入れ歯は、身体の痛みや不調にもつながってしまうでしょう。入れ歯を使っていらっしゃる患者さまの中には、入れ歯は自分の歯ではないのだから痛みがあったり、不具合があってもしょうがないと諦めてしまう方も少なくありません。しかし、身体に合ったものを利用しているのであればそのような事はないのです。ぴったり合う入れ歯に作り変えることによって、これまで感じていた身体の不調が解決することさえあります。くろさき歯科では、補綴専門医である黒崎院長だけでなく、入れ歯専門技工士と噛み合わせ専門技工士、さらに足裏専門医や整体の先生と協力しながら、入れ歯を作っていく上での治療をしていきます。このように専門家が集まって入れ歯を製作したり、調整していくことで、患者さま一人ひとりの身体に合った入れ歯を志しております。入れ歯を利用するようになってから痛みや身体の不調を感じるようになったという方は、よろしければ一度くろさき歯科へご相談ください。

入れ歯のお手入れポイント

入れ歯のお手入れポイント入れ歯を良い状態に保つためには、日々のお手入れがとても重要になります。きちんとお手入れをしないでおくと、細菌がついてしまい、いやな臭いのもとになってしまったり、他の歯の虫歯や歯周病の原因ともなってしまいます。きちんと入れ歯のお手入れをすることが、口腔内の健康のためには欠かせないことだと言えるのです。

基本的な入れ歯のお手入れ方法は、まず入れ歯用歯ブラシでこすって汚れを落とし、その上で取りきれなかった汚れを入れ歯洗浄剤につけることによって落としていくというものです。まず、入れ歯ブラシを使っての清掃ですが、食べかすや目に見えない細菌などを丁寧に磨いて取っていきます。隅々まできちんと磨くために、必ず口から外した状態で行いましょう。入れ歯は繊細なものなので、洗面所などに手から滑って落として割ったり、傷つけたりしないように、下に水の張ってある大きめの容器などを置き、その上で洗うと安心です。この際に、歯ブラシや歯磨き粉などは使わないようにしましょう。入れ歯は歯とは材質が違うので、歯ブラシや研磨剤の入っている歯磨き粉を使うと小さい傷が付いて、細菌などが増えてしまう原因になります。どうしても汚れが落ちない場合には、入れ歯用歯磨き粉を使ってください。漂白剤の使用も変色などの原因になるのでやめましょう。また、熱すぎるお湯も避ける必要があります。入れ歯はプラスチックを使っている部分も多くあるので、変形などの原因になってしまうのです。60度以下のお湯で洗うようにしましょう。

入れ歯のお手入れポイントブラシを使って清掃した後は、入れ歯用洗浄剤につけますが、この際にも熱すぎるお湯は使わない方が良いでしょう。洗浄剤によって水の量や温度には違いがあるので、説明書をよく読んで使ってください。また、入れ歯は乾燥してしまうと変形などの原因になってしまいますから、常に湿った状態であるように注意することが必要です。

入れ歯だけでなく、口腔内の清掃もきちんとするようにしましょう。歯茎や残っている歯、舌などをしっかり歯ブラシを使って磨いてください。傷をつけたりしないために、柔らかめのものを使用すると良いかもしれません。そうすることによって、口腔内を健康に保つことができます。残っている歯や歯茎の状態は、入れ歯を使用する上でも重要なポイントになってきます。入れ歯と口腔内の両方を清潔に保つことにより、長く入れ歯を良い状態で使用していけるようにしましょう。