入れ歯の診療について

義歯治療で最もポピュラーな「入れ歯」

歯を失ったときに用いられる義歯治療の中で、最もポピュラーなのが「入れ歯」です。最近では、入れ歯のデメリットを克服することができる新素材を使った入れ歯開発も進んでおり、審美的にも機能的にも進化しています。

入れ歯治療のときには、メリット・デメリットをご説明するとともに、患者様の生活習慣や、求める機能性、審美性などを一緒に考えながら治療を進めます。

メリット

  • 保険診療(保険証の範囲内、三割負担の治療)のものなら治療費を抑えることができる
  • ほとんどの場合、周囲の歯を削る必要がない
  • 1本から対応できる
  • 取り外しができるのでメンテナンスがしやすい
  • 治療期間や通院回数を抑えることができる
  • 入れ歯に厚みをもたせて口周りにボリュームを出すと、若々しい見た目になる
  • 修理しやすい

デメリット

  • 慣れるまで違和感を覚えることがある
  • 入れ歯と歯茎との間に隙間ができ、食べ物が挟まることがある
  • 部分入れ歯は金具が見えてしまうので、外見を損なってしまう
  • 食事中に外れることがある
  • 天然歯に比べると噛み心地が劣る
  • 入れ歯の素材によっては食事中、味や温度が伝わりにくくなる

当院の入れ歯治療

当院では、入れ歯治療を専門的に行っています。

  • 入れ歯を作成したい
  • 入れ歯を使いはじめて、体調が悪くなった
  • 使っている入れ歯に違和感がある

このようなお悩みをお持ちの患者様はぜひご相談下さい。

入れ歯の作成

歯を失った人のために、入れ歯の作成をいたします。作成前には患者様の口内の状態を調べるほか、長く快適に使っていただくために、どんな入れ歯を求めているか、しっかりとヒアリング。納得していただけるよう、患者様に寄り添ったご提案をいたします。

>>入れ歯作成の具体的な流れ

入れ歯の調整

入れ歯を使っているうちに、入れ歯が変形したり、口内の環境が変わったりすると違和感が発生することがあります。入れ歯も一度作って終わりではなく、メンテナンスが大切。もしも気になるようになったら、調整をいたします。

入れ歯と噛み合わせの調査

「入れ歯を使いはじめて体調が悪くなった」という人は、もしかしたら噛み合わせの狂いが原因かもしれません。もう一度、入れ歯を見直すとともに使用時の噛み合わせも調査いたします。

このほか、さまざまなお悩みにお応えしています。詳しくはこちらをご覧下さい。

症状別の解決方法

入れ歯の種類について

入れ歯と一概に言っても、さまざまな種類のものがあります。保険適用なのかどうかによっても選択肢が変わるので、詳しくはお問い合わせください。

ノンクラスプデンチャー

プラスチック素材でできているので、部分入れ歯で目立ってしまう金属部分を気にすることなく着用できます。また弾力性があり、心地いい使用感を得られます。

>>ノンクラスプデンチャー詳細

金属床義歯

金属でできているため強度を保ちながら薄く作ることができます。さらに薄い分、違和感も覚えにくいです。また金属は熱を通しやすいので、食事の温度もわかりやすいです。

マグネット義歯

入れ歯を固定するために入れ歯の内部と残っている歯の中に磁石を埋み、反応させます。固定力が強いのが特徴です。