10代20代の入れ歯で悩んでいる方へ

入れ歯の10代はいるのでしょうか

入れ歯 10代若い方が入れ歯になることにショックを受けるのは、無理もないことかもしれません。
例えば、人間の歯の一般的な寿命から考えれば、10代はあまりに早い時期です。
一概には言えませんが、人間の歯は大臼歯で50年、小臼歯で60年、前歯で66年、犬歯で約70年という寿命が平均的だと言われています。

でも、最近では歯科医師会が「8020運動(ハチマルニイマルうんどう)」という歯の健康運動を推進しているように、80歳になっても自分の歯が20本は残っている状態を目指そうとしています。
確かに、日本の超高齢化社会を考えれば、歯の寿命自体も延びてしかるべき。
50年と言わず、大臼歯でも80年残っていてくれるようになれば理想的でしょう。

ただ、10代で歯を失い入れ歯を必要とするケースでは、事故などのアクシデントがあったり、何らかの疾患を治療するための薬でドライマウスを起こし、口の中の環境が悪化したことが引き金になって虫歯になったりする場合もあるでしょう。
唾液の分泌量はデリケートなことでも影響を受けますので、それが虫歯や歯周病につながってしまうことはあります。

また、乳歯が抜けた後には永久歯が生えて来るのが一般的ですが、中には生えて来ない人もいて、どうしても部分入れ歯が必要になる場合もあります。
歯を失ってしまう原因には人それぞれさまざまな環境や条件があります。
一概に年齢だけで語れるものでもありませんね。
だから10代で歯を失ったことをひどく悲観し過ぎて、精神的に参ってしまうようなことの無いよう願うばかりです。

入れ歯 10代補綴歯科の医師として言えることは、歯を失ったというショックと、入れ歯を使うというショックは必ずしも一致しないということです。
日本における入れ歯のイメージはあまりよろしくありませんが、現代の入れ歯の技術や性能は飛躍的に向上していますし、使ってみれば想像を絶する快適さに安心されたという方もいらっしゃいます。
とにかくイメージ的に入れ歯が嫌だからインプラントにするのだ!というお考えは、少しだけ待ってみて下さい。

もちろんインプラントにもメリットはたくさんありますが、10代で大掛かりな手術、そして決して安くはない費用、骨へのダメージや傷みなどを考慮した時に、「入れ歯が嫌だから」という理由だけで推し進めてしまって良いものではないと思うからです。
本当に身体に合った入れ歯であれば、非常に多くのメリットがあります。
まずは是非、そのことを知っていただきたいのです。

入れ歯になる20代の多くは・・・

入れ歯 20代入れ歯は高齢者の方が使うツールと思っていらっしゃる方は多いかもしれませんね。
一般的に、若い方ならご自分の歯が健在ですから、ご自分の歯を永久に失うという感覚があまり分からないかもしれません。
入れ歯を使って生活するというイメージも湧きにくいでしょうし、ご自分には関係のないものと思っていらっしゃる方も多いかもしれません。
でも、20代でも入れ歯を使うことになるケースは十分にありますし、そういう意味では誰でも決して他人ごとではないのです。

厚生労働省の実際調査を参考にすると、部分入れ歯を初めて使ったという人の年齢は30歳から0.3%ほどいらっしゃるようですね。
確かに20代30代で入れ歯を使われるようになる方はそこまで大勢いらっしゃるわけではなく、総入れ歯ともなると、ほとんどの方は85歳以上になります。
ただ、20代30代で部分入れ歯になる方は、歯周病などではなく、重度な虫歯を放置していたことが原因のようです。
虫歯は早い段階であれば部分的に削ることで歯そのものを残すことは可能なのですが、歯科医が拝見した時に、すでに内側が手の施しようがないほど進行してしまっていた場合、どうしても歯を残す治療が出来なくなってしまうのです。
どんな歯科医が診ても、もっと早くいらしてくれれば・・・と残念に思うしかないでしょう。

入れ歯 20代20代で入れ歯を使われる方は、おそらく部分入れ歯になることが多いでしょう。
奥歯が抜歯となった場合はブリッジが出来ないので、入れ歯という選択肢になります。
ただ、奥歯が両方抜歯となるケースでなければ、反対側の歯で噛めるために、入れ歯は使わなくなってしまう方もいらっしゃるようですね。
ただ、もし、下の歯が無くなったままで過ごしていると、今度は上の歯が動いて下に下がって来るような状況になるため、ちゃんと入れ歯は使ったほうが賢明なのです。

歯が1本でも無いということは、その歯が持っていた噛むチカラが、残った歯の負担になるということです。
使い慣れるまでは辛いかもしれませんが、無理をしていると、せっかく残った歯を更に傷めてしまうことにもなりかねません。
入れ歯を使ったことのない方が入れ歯を使う感覚を想像するのは難しいですし、不安があるのもとても良くわかります。
でも、ちゃんとした入れ歯は、とても優秀なツールなのです。
ご自分の一部を人工的に作るのですから、是非技術を持った歯科医院で、自分にピッタリ合う新しい歯を手に入れて下さい。

入れ歯を二十代から使うことも

突然ですが、入れ歯に対するイメージをもっと変えないといけないのかなあ・・・と思うことが良くあります。例えば、入れ歯を必要とする方は、何も年齢を重ねた方ばかりとは限りませんよね。

入れ歯 二十代歯の状態、口腔内の環境によっては二十代でも入れ歯を必要とする場合もありますし、外的な衝撃などが加わった場合には、歯が破損してしまうことも考えられますので、入れ歯は誰にでも必要なツールであるはずです。

でも、若い方の多くは「この歳で入れ歯なんて・・・」などとショックを受けて悲観的になられることも少なくないようなのですね。

口臭の問題や、フィットしない感覚、味覚や食感が失われるイメージなど、入れ歯に対してはあまり良い印象を持っていない方が多いのも事実です。

きちんとした精度の高い入れ歯を作って、自分の身体の一部として使うことが実感出来れば、おそらくそのような悩みもすぐに消失してくれることと信じています。

例えば二十代の方など、どうしても入れ歯が嫌だという場合はインプラントも検討されるかもしれませんね。

インプラントというのは、顎の骨に人工的な歯根を入れる外科的な方法です。

インプラントには、確かに入れ歯には無いメリットもありますが、大掛かりな手術を必要とするために、状況や体質によってはどうしてもインプラントを行えないケースもあります。

また、インプラントも入れた後に定期的なメンテナンスを怠ると、インプラント歯周病などという怖い病気にかかってしまう場合もありますので、一度入れればそれで終わりで楽だという考え方を持っているなら、それは大きな間違いですね。

入れ歯 二十代入れ歯は本当に、誰にでも使えるとても便利なツールです。
大掛かりな手術も必要としませんし、痛みもありません。

誰でも作れますし、作った後の手入れも簡単なツールですから、あまりイメージばかりで悲観的にならずに、もっと入れ歯のことをちゃんと知って貰えればなあ、と思うことは多いのです。

若い人たち向けに、「入れ歯」ではなく「デンチャー」という横文字を使えば、少しは印象が変わるでしょうか?どういった原因にせよ、人間が歯を失うというのは、口の中に相当なダメージを受けたことになります。

傷ついた歯や歯茎をそれ以上傷めることなく、調整することで一生使える比較的安価なツールなのですから、二十代の方たちも前向きに入れ歯について考えてみてほしいものです。

昔のようにあきらかに見た目に違和感のある入れ歯ばかりではなく、とても自然なデザインのものもありますよ。

前歯だけの入れ歯は20代でも

前歯 入れ歯 20代前歯を失い入れ歯になるという20代の方は少なくはないのです。特にスポーツ選手には非常に多いです。食いしばった時に歯にかかる力はご自身の体重の1.5倍~2.0倍にもなります。日頃からそれだけの力がかかっていたのであれば、歯への負担もさることながら、体全体への影響も非常に大きくなります。

ある患者様の例
もともと歯の弱いご家系で親子で通院されました。毎日しっかりと歯磨きしていても虫歯や歯周病になりやすく、お子様は20代で3本の欠損。インプラントは経済的に難しいとのことで入れ歯のご相談にいらっしゃいました。

入れ歯にするのは本当に嫌だと、ご相談の間も涙を隠すようにしながらお話されていました。
口腔内の状態や義歯の種類や特徴を何度もお話しさせていただき、納得されて自費の入れ歯を作ることになりました。

作成後の定期健診の際に明るい表情でお話してくださったのですが、「見た目は普段は全く気にならなくなりました。寝る前のみ外すだけで他の時間はずっとつけたまま過ごしています。」
「入れ歯を作る前は、食後にすぐ歯磨きしなきゃいけないとか、しゃべりづらいとか外れそうになるから入れ歯をくっつける薬みたいな物をつける必要があるとか思い込んでいたけれど、全然そんなことなくって。心配してたことってほとんどなくて、むしろ快適でした。」

前歯 入れ歯 20代ご自身の口腔内と身体にしっかりと合った入れ歯を作れば、そういった心配はほとんどないということを、改めて説明をさせていただきました。

これが保険適用の入れ歯だったら、もしかしたら入れ歯である不便さを日々常々感じることが多くなってしまったかもしれません。
また、合ってない入れ歯をそのままにして使い続けるとぐらつきや痛みが起こって結局入れ歯が合わなくなってしまいます。
最近の入れ歯の材料や技術はかなり進化しており、昔と違いご自身の歯と見た目もほとんど変わらないので一目で入れ歯とわかるようなものではなくなりました。

入れ歯が合う、合わないというのは様々な要因があり一概には申し上げられませんが、歯科医の知識や技術、経験などの腕による場合も少なくはありません。
全国には本当にたくさんの歯科医院があり、いまやその数は6万8千件以上とも言われ、日本全体のコンビニエンスストアよりも多い数字となっています。
本当に信頼のおける歯科医に任せられれば、入れ歯であることの不具合よりも便利さを実感していただけると信じています。

歯を失ったときの審美・機能回復の治療の1つ「入れ歯」
自費の入れ歯は保険適用の入れ歯と比較して色や素材、形状も多数ある中から選択できます。お一人お一人に合ったご自身の歯に近い物を提供しています。