入れ歯の身体への影響はどんなものがあるでしょう?

  • 入れ歯の身体への影響はどんなものがあるでしょう?

入れ歯 金属アレルギー

入れ歯 金属アレルギー大人から子供まで年々増えているのがアレルギーによる疾患です。食環境だったり環境の悪化など、いろいろな原因で知らない間に体に影響を及ぼしてしまいます。その中の一つに「金属アレルギー」があります。金属自体、人間の体に対しては無害なのですが、汗だったり唾液だったりと人間の体液によってイオン化されてしまい、金属が体内に取り込まれることで金属アレルギーは起こります。体内のタンパク質と結合するという特徴を持っていて、体内に取り込まれた金属を異物と認識して人間の体がアレルギー性をもってしまうことで、同じ金属が再び体内にはいるとタンパク質と結合した時に皮膚や粘膜に異常をきたすようになってしまうのです。かゆみだったり炎症を起こして赤く腫れたり、膿が出たり痛かったりと症状はいろいろです。

歯科治療においても、入れ歯においても金属を用いることがとても多いのですが、歯科治療の一つで金属を使用している場合、特に入れ歯は長い間口の中に金属が入っている状態なので、それが少しずつ溶け出して体内に取り込まれてしまいます。これが過剰になってしまうことでアレルギー反応を起こしてしまうため、入れ歯による金属アレルギーを発症してしまうのです。中でも金属アレルギーを起こしやすいと言われているものに、コバルトやニッケル、クロムやパラジウム、また亜鉛に銅、水銀などが挙げられます。

入れ歯 金属アレルギー今まで金属アレルギーなどを起こしたことがない方でも、入れ歯をしたことで金属アレルギーになってしまうというケースがないわけではありません。お口に入れている時間が長いですし、年齢とともに免疫力や体の機能は低下していくので、金属アレルギーを発症しやすいのも事実です。食べたり飲んだりすることは人間にとって大切なので、金属アレルギーにならないよう、ひとりひとりに適した入れ歯を付けることが大切になります。

くろさき歯科では、認定医が口の状態に合わせて材料にもこだわり、それぞれにベストな補綴方法をご提案しています。入れ歯も定期的に点検を行うことで、金属アレルギーなどを発症を予防したり発症させることなく安心して装着することができるようになります。最新の治療をベストな状態でお受けいただくために、それぞれの分野に強い専門医師がいますので、安心してご相談ください。診療時間もあらかじめ決まっており、予約制となっておりますので初診の方もまずはお電話にてお気軽にご連絡、ご相談ください。

入れ歯と食事

みなさんは、入れ歯の必要性はどこにあるとお考えでしょう?
それはもちろん食事、一番大切なシチュエーションですよね。

美味しくものを噛んで食べることが出来れば、それだけで人生は楽しくなります。
でも、入れ歯の必要性は、実は食事だけには限りません。

歯や顎や噛み合わせには、身体全体に影響が出るほど、本当に大きな役割があるのです。

くろさき歯科では、入れ歯は口の問題だけではないと考えていますので、患者さんの全身チェックをさせていただきます。

歯医者が身体を気にするなんて、「いったい何の意味があるの?」と思われるかもしれませんが、ちゃんと理由があるんですよ。
歯の異常は口にとどまらず、身体の部位の健康を害する場合がほとんどだからです。

当院にいらして、背骨の曲がり具合や姿勢をチェックしたり、目鼻のラインを写真に撮影したり、何をしているのかと思われるかもしれませんが、これは本当にピッタリな入れ歯を作るために必要なことなのです。

そして、本当に間違いのない入れ歯手に入れた時には、思いがけないほどの健康を手に入れられることも多いのです。

「杖なしで歩ける!」「肩こりが消えた!」「頭痛やめまいがしなくなった!」「腰痛が無くなった!」

こうした嬉しい症状の改善は、実際に実例がたくさんあります。
そう考えたら、たかが歯、たかが噛み合わせ、なんて言っていられないでしょう?

「食事なんて、入れ歯がなくても出来る」なんて思っていらっしゃるなら、ちょっと考え直してみてくださいね。

入れ歯で味が変わる

入れ歯と食事

「入れ歯を入れると、食べ物の味が変わる」
「食事が美味しくないから入れ歯は付けたくない」
そんな残念なご意見を伺うこともとても多いですね。

せっかく食べ物を美味しくいただくために作るツールなのに、風味が失われてしまったのでは確かにガッカリです。

でも、昔からあるこの悩みについても、現在の入れ歯はちゃんと新しい道を拓いていることを、もっと多くの方々に知っていただきたいと思うことが多いですね。

今は味覚がちゃんと感じられる、新しい入れ歯もあるのです。

実は口の中は、上あごの面に食べ物の風味を感じて脳に伝える感覚器が集中しています。
上あごにあるなんて、ちょっと意外だと思われる方も多いのではないでしょうか?

人間が味覚を感じ取っているのは、実は舌だけではないんですね。
まさか頭蓋骨と接している部分が風味のアンテナだとは、思っていなかった方も多いでしょう。

ところが上の歯に付ける入れ歯が大きい場合、この大事なアンテナ部分を入れ歯の床が覆ってしまいますので、食べたものが感覚器に触れず、風味が一気に減少してしまっていたのです。

これが、「入れ歯を付けると食事の味がしない」という問題の原因です。

入れ歯で味が変わるこの問題に対応して作られたのが、1mm以下という、とても薄い金属の床を使用した入れ歯です。
床を無くすタイプもあるのですが、それでは強度を保てない場合も少なくありません。

薄い金属を採用することで食事の熱をきちんと伝えることも出来ますし、極小の穴を無数に開けてメッシュ状にすることで、味覚をしっかり感覚器に伝えることも出来ます。

プラスチック床の場合、厚みは2mmから3mm程度になりますので、1mm以下というのは本当に薄い構造。

入れ歯をしていても味がしっかりわかりますし、液体の風味だけでなく温度も楽しめますので、とても満足感が増す新しい感覚です。

想像してみて下さい、冷たくて美味しいビールをぐっと煽った時の風味とのど越し。
ダシの深い味わいが感じられる温かい味噌汁の風味。
そんな食事の楽しみをしっかり楽しみたいという人にも、満足してもらえる入れ歯がちゃんと開発されているのです。

大好きな食べ物の味が変わるから、もう入れ歯は使わないと決めてしまった方は、もう一度、そんな新しい入れ歯にトライしてみませんか?

歯の一部に金属加工をすることで、肉を容易に噛み切れる入れ歯もあります。

以前に良く聞かれた不満は確実に改善されています、今度こそきっと、満足度の増す経験を得られると思いますよ!

入れ歯で喉が乾く

入れ歯で喉が乾く入れ歯を使っている方で、入れ歯を入れていると喉が乾くという方がいらっしゃいます。
この原因はいくつか考えられますが、入れ歯が合っていないことには違いありません。
もし、入れ歯を初めて使い始めたばかりだという場合であれば、慣れていないことも考慮に入れる必要があるかもしれませんが、通常では入れ歯の使い始めは唾液量は多くなる傾向にありますので、減ってしまうというのはやはり何らかの不具合を考えたほうが良いでしょう。

唾液は口腔内にある唾液腺という器官から分泌されています。
唾液腺は汗腺のように口腔内のいたるところに分布していますが、中でも大きいものは耳下腺、舌下腺、顎下腺という3つです。
一番大きな耳下腺は、読んで字のごとく、耳の下あたり、ちょっと前方にあります。
梅干しなどの酸っぱいものは見ただけで唾液が出て来るものですが、この時に顎のエラあたりに刺激を感じる人もいるのでは?
耳下腺はちょうどそのあたりに位置しているわけですね。
舌下腺と顎下腺は床の奥に位置しています。

入れ歯を入れて喉が乾くという方は、入れ歯がこの唾液腺を塞いでしまっていることが考えられます。
おそらく義歯床の材料が良くないか、サイズが大きすぎるなどの理由で必要以上に唾液腺が塞がれてしまっているのでしょう。
また、合わない入れ歯では舌の動作に支障が出ますので、うまく舌を動かすことが出来ずに唾液を分泌出来なくなっている可能性も高いです。
唾液はものをよく噛んで食べることでも分泌されますが、合わない入れ歯ではしっかりものが噛めませんから、脳に信号が伝わらず、唾液量が減ってしまうことも考えられます。
入れ歯が痛い、よく噛めないという不具合がある場合、そのままにしていると唾液量の面からも口腔内が不健康になってしまう可能性が高いのです。

入れ歯で喉が乾く唾液は食べ物の消化を助けるだけでなく、口腔内を洗浄して健康に保つ働きを担っています。
唾液が少なくなると細菌や真菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病、舌苔、口臭の原因になりますから、正常な唾液量に戻す必要があります。
そもそも入れ歯を粘膜に密着させるにも唾液のチカラが必要ですから、常に喉が乾くような乾燥状態では入れ歯が外れやすいでしょう。
喉が乾くのが入れ歯を入れている時に限定されるのであれば、歯科医院に早急に相談して原因を確認して下さい。

もし、入れ歯に関係なく常に喉の渇きが強い場合は、糖尿病などの疾患も疑われますので、内科などを受診される必要があります。
ストレスや投薬の副作用などもドライマウスの原因になりますので、ご自分で原因を決め付けずに専門医に診てもらって下さい。